ディスプレイ広告の運用サービスはアド・リンク

お問い合せ

020

  ホーム 目指せ!究極のOne to Oneマーケティング 注意点/運用方針

DSPを利用する場合の注意点
会社紹介 企業理念 会社概要 沿革 アクセスマップ

サービスナビサービス概要ナビコミュニケーション施策ナビ

 

DSPローカルナビバナー

 


メディアリンク集

 

DSPは優れたシステムで今まで行っていたあらゆる最適化を自動で行ってくれますが、万能ではありません。特にBtoBのサイトなど、コンバージョンの総数があまりないWebサイトは、アドエクスチェンジを手動で運用する方が効果が高いということは多々あります。
DSPで利用料を払い反自動で運用するのと、アドエクスチェンジやアドネットワークを手動で運用する場合を比較してどちらが効果が高くなるかを比較検討する必要があります。

 

DSPを利用する場合の注意点

複数のDSPがあり、それぞれ開発思想が異なるので、自社の商品やブランドに、どの
 DSPがあっているのか試して検討する必要がある。

RTB取引が増えてきたため、入札競合が増えて適正価格での売買が困難となり、場
 合によっては純広よりも高くROIが合わないといった場合もあるので注意が必要。

広告枠を指定して買うのではなく、オーディエンスデータを利用して買うのでDSPに
 よっては広告配信後にどのドメインで掲載されたのか可視化できない場合もある。

短期間の運用だと貴社独自のユーザーデータが蓄積できず、データが有効に活用できな
 いケースもある。

 

        
アド・リンクの運用方針
「運用」とは広告に投資した資金で、お客様が求める「広告パフォーマンス=目標値」を達成するために、

①媒体の選定
②ターゲティング
③広告原稿の入稿
④入札
⑤広告配信


などの初期設定と日々の配信結果に対して各種設定要素を柔軟に調整し、最適化を行うことで目標の広告パフォーマンスを実現させることです。
アド・リンクはお客様とゴールを共有し、貴社の「ビジネスパートナー」として適切・的確に広告を運用し、目指す目標を実現してまいります。
アド・リンクにて運用させていただきますと、常にマーケティングに精通した経験豊富なベテランの営業担当が、多種多様なお客様の個別のニーズにきめ細かくご対応いたします。


アカウンタビリティ
お預かりした広告予算での、広告活動の内容や結果について詳細をご報告いたします。

メディアアロケーション分析
マスメディアを含めたマーケティング施策をどんなコスト配分で行うことが最適化であ
 るかを分析しご提案いたします。(オプション)

アトリビューション分析
アクションやコンバージョンに至ったメディアそれぞれの貢献度を分析し、評価を行っ
 た上で投資対効果を明確にし、先々の運用方針を設計いたします。(オプション)

 

バナーノーマル

 

このほか、お客様のご要望に応じて可能な限り対応いたします。
まずはお気軽にご相談下さい。
☎03-5396-7816
受付時間:平日10時〜18時


     
      お問い合せナビ

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   □サービス案内          □会社紹介
     サービス概要   目指せ!究極のOne to Oneマーケティン          企業理念
     コミュニケーション施策            会社概要
               沿  革
               アクセス
     | ホームサービス会社紹介 ニュースお問い合せ採用情報個人情報保護ポリシー |   Page Topページトップへ